ワンちゃんの歯周病検査

うちの子、見た目にはキレイな歯だけれど、これで大丈夫なの?
歯磨きやオーラルケアをしているけど、これで大丈夫なのかしら?

ワンちゃんの歯周病や歯石については、飼い主様の間でもよく知られるようになってきました。周りからいろんな話を聞いて愛犬の歯や歯周病に不安を抱かれている方も少なくないと思います。

当院では歯周病リスクを5段階で評価する検査を導入し、目に見えない不安を安心に変えられるよう取り組んでおります。歯周病リスクが低ければ現在されているオーラルケアに自信を持っていただけますし、高い歯周病リスクが見つかった場合はオーラルケアの改善をサポートさせていただきます。

歯科検診だと思って、気軽にご相談ください!

歯石除去について

ワンちゃんのお口のトラブルで最もよく知られているのが歯石だと思います。

歯石は雑菌の塊で、放っておくと歯肉炎や口内炎の原因となり、さらには歯の根っこが膿んできます。(根尖部膿瘍) ワンちゃんの歯の根っこは鼻の穴や頬に近いので、膿が溜まると鼻や目の下が腫れて、そこから膿が出てくることもあります。

膿が出るのもかわいそうですが、歯石が付いてくると口臭も悪化していきます。

歯石除去で様々な病気の予防をと言われることは多いですが、

実際にはもっとシンプルに口臭の改善や、根尖部膿瘍の予防のためと考えてもらって良いと思います。

当院での歯石除去は麻酔をかけて行います。高齢なワンちゃんだと麻酔がこわいとおっしゃられる方もいらっしゃいます。確かに麻酔はこわいものですが、歯石除去の処置はほかの手術と比べると軽い麻酔で行います。お腹を開けての手術と違い、すぐに麻酔を中止することもできます。麻酔に対するハードルは少し下げてもらってもよいかもしれません。